今までと180度異なる市場構造とは?国内市場縮小、日本の人口推移、需要と供給/残された3つの出口戦略とは?

市場構造の違いと日本の人口推移

多くの経営者の方から

 

 

売上が上がらない!

集客ができない!

 

 

という声を伺いますが、

 

 

正しい企業努力

 

 

が出来ていない企業にとっては

至極、当然のことです。

 

なぜなら、

多くの中小企業がビジネスを展開している

国内市場の構造が

 

 

 

今までと180度異なる

 

 

 

からです。

 

下図、日本の人口推移を見てください。

 

日本の人口推移

 

 

日本の人口は、

1945年の第二次大戦後から伸び続け

2010年にピークを迎えています。

その時の人口は1億2806万人です。

 

 

 

さてここでひとつ質問です。 

戦後、日本の人口はどれくらいだったか

おわかりですか?

 

別の言い方をすると

戦後からピークの1億2806万人まで

何%増えたのでしょうか?

 

 

 

戦後の人口が7200万人弱

と言われていますから、

ピークの1億2806万人まで

 

 

 

70%強、およそ1.8倍!

 

 

 

増えたことになります。

戦後から2010年にピークを迎える

約65年間で毎年86万人の人口

が増え続けてきたのです。

 

人口が増え続けていた過程において

日本経済は順調に伸びていました。

(もちろん上下を繰り返しながらですが)

 

人口が増えるということは

給与をもらう人が増えますし、

給与をもらった人が生活していくために

様々な商品・サービスを購入するので

消費が増えるからです。

 

 

 

ところが、

人口が減少していくと消費も減ってしまうので

日本経済が伸びなくなってしまいます。

様々な市場が縮小していくのです。

 

国内の死亡者数をみると・・・

2003年に初めて100万人を超え

2011年には125万人を超えました

 

また新生児は・・・

1984年150万人を下回り、

2011年には105万人という数値です。

(国立社会保障・人口問題研究所)

 

この2つの数字は

少子高齢化が進む中で加速度を増していき、

 

 

 

2050年に1億人を下回る!

 

 

 

と予想されています。

 

 

 

つまり、今までは

 

需要>供給

 

であったのが2010年を境に

 

需要<供給

 

逆転したということです。

 

これは何を意味するか・・・

 

 

 

今までと同じやり方・経営では通用しない!

 

 

 

ということなんです。

 

市場縮小に加えて消費税増税・・・

このようなうな市場構造の中で

私は、これからの企業に残された戦略、

 

 

 

出口戦略は3つしかない!

 

 

 

とお伝えしています。

 

次回は、

市場縮小・消費税増税時代に勝ち残る

出口戦略の1つ目をお伝えします。