コピーライティングの書き方・作り方の最後の砦、追伸コピーに必要不可欠な3つの要素/集客の仕組み化Vol.19

振り向かせる追伸コピーライティング

前回の後半で、

追伸のコピーライティングで見込み客を振り向かせる、

確実に食い止めるための3つの要素が何かお尋ねしましたが、

その3つ、何だと思われましたか?

 

いつものように30秒考えてみてください。

ではその3つ、順番にお伝えします。











追伸のコピーライティング

・・・に不可欠な3つの原則は、

 

 

 

1)ベネフィット

メリット、価格、商品・サービスの特長、

保証など、見込み客にメリットをもたらすであろうモノ全てです。

 

 

 

2)希少性

個数、期間、人数など、

いつどこでも購入できるモノではないという付加価値の高さです。

 

 

 

3)負のイメージ

あなたの商品・サービスが手に入らなかった時、

それによってどんな損失が生じるか?

見込客にとって痛みとなるイメージ臨場感をもって訴求します。

 

 

 

以上、

自社に当てはめて考えた時、いかがでしょうか?

 

追伸は最後の砦なので、

 

繰り返してもOK!

 

・・・です。

 

追伸のコピーライティング_繰り返しのイメージ

 

あなたにとって大切な提案内容を伝えるわけですから、

重要なことは繰り返すぐらいが調度良いと考えてください。

 

 

 

DM・セールスコピー・セールスレターの

書き方や作り方、考え方において、

集客を左右する必須の技術となるコピーライティング

最低限必要な流れと内容をお伝えしてきましたが、

あとひとつ残された仕事があります。

 

完成度70~80%だったキャッチコピーまわりです。

ここを完成させることができれば、

見込客への訴求力が飛躍的に向上します。

 

キャッチコピーまわりを効果的に見せるためには

4つの視点からアプローチする必要がありますが、

何だと思われますか?

例えば、資格学校のチラシだとしたら、

 

 

 

税理士試験受験者の90%以上が当校の模試を受けています!

Answer.ニュース性

 

 

 

・・・というような具合です。

 

 

 

次回のブログで、

残りの3つアプローチ手法をお伝えしますので

次回までにあなたの事業に当てはめて考えてみてください

 

 

 

次回は、

 

 

 

キャッチコピーまわりに命を吹き込む4つの視点!

 

 

 

についてお伝えします。

 

 

 

DM・セールスレター・セールスコピーの

書き方や作り方、考え方のみならず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

矢印