ネット集客の全体設計図で上位表示を狙うSEO対策/集客の仕組み化Vol.9

ネット集客・web集客の全体設計図

前回は、

ホームページに

動画を貼り付けると

検索順位が上がる理由を3つ

お伝えしました。

 

 

 

今回は、

ネット集客を仕組み化

していく上での“全体設計図”

をお伝えします。

 

 

 

インターネットの中で【集客に使える】

と言われているツールがいくつかあります。

 

・facebook(フェイスブック)

・You Tube(ユーチューブ)

・ブログ(アメブロなど)

・twitter(ツイッター)

・etc…

 

様々な集客ツール

 

上記のツールは

確かに集客に使えるモノですが、

この時に注意が必要なのは、

各ツールには得意不得意があるので

それを理解した上で、各ツールごとに

戦略的な役割を持たせなければならない!

ということなんです。

 

 

 

例えば、

・フェイスブック(facebook)における、

長所相互交流で人との親交を深められる

短所:投稿内容が検索でヒットしない

 

・ワードプレス型ブログ(wordpress)における、

長所:投稿内容が検索でヒットする

短所:情報が一方通行になりがち

 

・・・という具合です。

 

 

 

上記のような特性を踏まえて

ネット集客を仕組み化する“全体設計図”を考える

とどのようになるのでしょう?・・・

 

コンサルブック

 

上の写真は250ページ以上からなる

弊社オリジナルのコンサルティングブックですが、

そこからの抜粋をお見せします。

 

ネット集客・web戦略の全体設計図

 

 

上記の図が見えにくい場合はこちらをクリックしてください。

 

 

 

上の図はタテ軸(図の右側)に「見込客との関係性」があり、

①~⑤まで空欄が設けてあります。

①~⑤の空欄に入る言葉は下記5つのツールになります。

 

・フェイスブック(facebook)

・ワードプレス型ブログ(wordpress)

・メルマガ(mail magazine:メールマガジン)

・You Tube(ユーチューブ)

・ランディングページ

※見込客にひとつの行動を促すための1枚の長いwebページ

 

 

 

では早速①~⑤を埋めていきましょう!

と言いたいところですが・・・

タテ軸(図の右側)の

「見込客との関係性」を見ながら、

①~⑤までの空欄を埋めて頂けないでしょうか?

 

いきなり、答え合わせをするよりも、

一度、頭の中で考えて頂いた方が記憶に残るので・・・

 

 

 

次回は、

 

 

 

①~⑤の空欄を埋めた上で

各ツールの特性

 

 

 

についてお伝えします。

 

 

 

動画の貼り付けを活用した、

SEO対策や上位表示などの手法に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

矢印