海外進出、海外展開を中小企業の成長戦略として考える/残された3つの出口戦略①

2_海外進出海外展開

国内の市場が

 

需要>供給から

需要<供給になり、

 

国内が市場縮小していくのであれば、

アジアなど伸び盛りの海外市場に

中小企業の成長戦略を求めるという手があります。

 

 

 

中小企業の海外進出・海外展開について

正確な統計はありませんが、

日本の中心産業である中小製造業における

輸出企業の推移をみると・・・

 

2002年に3,568社であったのが、

009年には5,937社

 

 

 

約1.7倍になっています。

 

 

 

この5,937社を都道府県ごとにみたもの

下記の表になります。

 

製造業における都道府県別の輸出企業数

 

上記は中小製造業のみの数値なので、

他の業種を加味すると

さらに増加することが見込まれます。

 

都道府県ごとにばらつきはありますが、

これらの企業数をみると

あなたのすぐ隣の企業が

海外進出・海外展開していても

不思議ではないと言えるでしょう。

 

 

 

とは言え、

最初の一歩をどうすれば良いのか

わからないというのが現状だと思います。

海外進出・海外展開を成功させるには・・・

 

●販売先の確保。

●信頼できるパートナー。

●輸出先の法制度や商習慣の知識。

●輸出先の市場動向についての知識。

●輸出に詳しい人材の確保。

 

などが挙げられます。

では、このようなアドバイスを

どこに求めれば良いのでしょう?

 

 

 

経済産業省から毎年発行されている

『通商白書』によると、中小企業の

国際化を支援している機関の中で

最も利用されているのが・・・

 

 

ジェトロ(JETRO)
日本貿易振興機構

 

 

・・・です。

ジェトロによる「海外ニュース等の情報提供」などが

効果的というアンケート結果が出ています。

 

 

 

また、ジェトロだけでなく、

各地の商工会議所・商工会でも

海外展開を支援するセミナーを開催

していたり、情報提供を行っているので

定期的にチェックしたり、職員の方と

コンタクトを取ると良いでしょう。

 

 

 

それでも海外進出・海外展開は・・・

というあなたには次回、

2つ目の出口戦略をお伝えします。