自己実現の幸せを人間の欲求から考える!?


ブログ読者の方から貴重なご意見を頂きました。

前回、企業が従業員に提供できる幸せは2つあるとお伝えしました。

ひとつが“経済的幸せ”

もうひとつが“自己実現の幸せ”です。

 

この2つ目の幸せの内、“自己実現の幸せ”については

“マズローの5段階欲求説”と絡めて考えてはどうでしょう?

というご意見でした。なるほど!と思いました。

 

人間には満たされたいという欲求がありますが、

この欲求を5段階にわけて考えたのがマズローの5段階欲求説です。

①自己実現欲求

②自我欲求

③社会的欲求

④安全性欲求

⑤生理的欲求

低次の欲求である⑤から順に満たされ、

最終的に①に到達します。

 

もうひとつ参考までに見て頂きたいのが、

アルダファのERG理論という考え方です。

これは3段階で考えます。

E:Existance(存在)

R:Relatedness(人間関係)

G:Growth(成長)

マズローが下から上という不可逆性のものであったのに対し、

アルダファのそれは可逆性であり、上から下もあり得るとしたものです。

 

このように人間の欲求をいくつかに分解して考えると

普段では考えない見方ができると思います。

人によって違いはあると思いますが、

組織やモチベーションを考える時には参考になると思います。

貴重なご意見を有難うございました。感謝です!