ランチェスター戦略3つの結論(3)一点集中主義で1位、No.1になる考え方/ランチェスター戦略の理論Vol.15


今回はNo.1になる考え方についてお伝えします。

No.1になる考え方としてランチェスター戦略3つの結論

の最後に一点集中主義という考え方があります。

これは弱者の5大戦法の4番目にもありました。

 

弱者が強者とまともに貼り合っても勝ち目はありませんが、

物量的に劣る弱者であってもここで勝つ!

と決めた一点に集中することで、

ライバルの誰よりも量的に勝るように集中します。

 

ライバルの誰よりも量を多くし、

二番手を圧倒するNo.1になって戦いを終結させ、

次のNo.1作りのためにまた一点集中します。

 

更にNo.1になるには弱者と強者でその手順が逆になります。

 

弱者は・・・

地域→販路・顧客→商品 の順で強化していくのが

ランチェスター営業戦略のセオリーです。

 

強者は弱者とは反対に・・・

商品→販路・顧客→地域 の順で強化していきます。

注意しなければならないのは「大きな市場で小さなシェア」ではなく、

「小さな市場で大きなシェア」であることを覚えておいてください。

 

このように弱者は地域から強化していかなければなりませんから、

地域についてもっと掘り下げて考えなければなりません。

そこでランチェスター営業戦略の【第2編地域戦略に入っていくわけです。

 

ちなみに第2編地域戦略の後は・・・

 

第3編:シェアアップ(流通)戦略

第4編:営業戦略

第5編:市場参入戦略

 

・・・と続きます。

ちなみに肝は3編と4編で連動しています。

 

ということで、

今回で【理論編】が終了です。

かなり駆け足でお伝えしてきましたが、15回にもなってしまいました。

 

ランチェスター協会の専門研修コースでは

これを4時間(入門編のみ)の講義で解説しています。

 

 

 

ランチェスター戦略、一点集中主義に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

矢印