ランチェスター戦略、市場シェアの類型・パターンと推移/ランチェスター戦略の理論V0l.12

市場シェアの類型・パターン

今回は「シェアの類型と推移」をお伝えします。

前回お伝えした「射程距離理論」

「7つのシンボル目標数値(シェアの数値)」から

市場シェアのパターンが概ね4つにわけられます。

下記の図を元にお伝えしていきます。

 

 

 

 

分散型

1位が下限目標値26.1%以下で1〜2位間、3〜4位間など

上下の差が射程距離√3倍以内の状態です。

首位が下限目標値の26.1%以下なので

首位交代や順位の変化が盛んに起こります。

新規参入や再編が多い業界でもあります。

 

例)デジタルカメラ業界

1位:キャノン20.5%

2位:パナソニック16.7%

3位:カシオ16.5%

4位:富士フィルム11.5%

5位:ソニー10.4%

 

 

 

三強型、相対的寡占型

1~3位の上位3社で上限目標値73.9%以上のシェア

となっている状態で、1位が2〜3位の合計以下、

更に1位から3位までの差が射程距離√3倍以内の範囲

におさまっている三つ巴の戦いです。

 

例)複写機・複合機業界

1位:リコー28.6%

2位:キャノン27.3%

3位:富士ゼロックス23.0%

4位:シャープ11.3%

 

 

 

二強型、二大寡占型

1位と2位の上位2社で上限目標値73.9%以上のシェアとなり、

更に1位と2位の差が射程距離√3倍以内におさまっている状態です。

三つ巴の戦いから2位と3位の戦いが激しくなって、

どちらかが脱落すると2社の力が圧倒的に強くなります。

 

但し、1位と2位の戦いの隙を突いて3位が浮上する

「漁夫の利」が発生する可能性もあります。

 

例)ビール系飲料

1位:キリン37.7%

2位:アサヒ37.5%

3位:サントリー12.4%

他には二輪業界:ホンダ46.5%、ヤマハ27.0%、

携帯電話:ドコモ50.0%、KDDI28.4%

腕時計:カシオ、シチズン

携帯音楽プレイヤー:アップル、ソニー

航空会社:JAL、ANA

宅配便:ヤマト運輸、佐川急便など

 

 

 

一人勝ち型、絶対独占型

1位が安定目標値41.7%以上のシェアで

1位と2位のシェアの差が射程距離√3倍以上の状態です。

「二強型」からどちらかが敗れ、

首位に立った企業がひたすら独走する状況が継続します。

 

更に相対的安定値40%を超えて2位を

射程距離圏外に引き離した状態です。

 

例)自動車業界

1位:トヨタ48.0%

2位:ホンダ17.5%

3位:日産15.4%

 

※上記シェアの数値は全て日経市場占有率

2010年版の数値となります。

 

 

 

上記4つのシェアの推移は・・・

 

1位は極大化の法則

2位(弱者)はジリ貧の法則

3位は漁夫の利

4位以下脱落の法則

 

・・・とありますが、

必ずこうなるということではなく、

あくまでこのような傾向がある

ということでご理解ください。

 

 

 

上段でシェアの類型と推移をお伝えしましたが、

自社がどの類型に属していようと、一体どこから攻めるのか?

ということが問題になると思います。

 

大半の企業は弱者になりますが、

例えば自社が2位の場合、

1位の企業(上位の競合)を狙いますか?

それとも3位の企業(下位の競合)を狙いますか?

 

 

 

次回は「競争目標」と「攻撃目標」の違い

についてお伝えします。

 

このような場合の判断基準となる考え方です。

更にランチェスター戦略3つの結論

と言われている概念のひとつをお伝えします。

 

 

 

ランチェスター戦略、市場シェアの類型・パターンと推移に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印