ランチェスター戦略の射程距離理論とは?/ランチェスター戦略の理論Vol.11

ランチェスター戦略の射程距離理論

前回は判断基準・目標となるシェアの数値

(7つのシンボル目標数値)をお伝えしました。

 

ではこれらシェアの数値を基準として

競合をどこまで引き離せば良いのか?

逆にどの程度の差であれば追いつくのか?

その判断基準となる「射程距離理論をお伝えします。

 

 

 

これはシェアのシンボル目標値から導き出されましたが、

「サンイチの法則」とも言われています。

 

 

シェアの目標数値における上限目標値73.9%

下限目標26.1%を足すと100になり、

その比率を取るとほぼ3:1となります。

(厳密には2.83・・・)

 

1位の会社が73.9%、2位の会社が26.1%の時(ほぼ3倍)、

前述した戦争理論「クープマンモデル」から導き出された数値上、

その差は埋まらない、勝負あった!

と結論づけることのできる数値となります。

 

 

 

気を付けなければならないのは

第一法則と第二法則で基準とする数値が異なることです。

 

第一法則下では3倍となっていますが、

これは顧客内の単品シェア、二者間競争の場合に適用されます。

 

第二法則下では約1.73倍

(第二法則では兵力数が二乗倍なので二乗して3となる√3倍)

の差をつければ逆転は困難と考えます。

 

この第二法則は第一法則以外となっていますから

競合他社が多い、複数の取扱商品がある場合

にはこちらが該当します。

 

そう考えると

第一法則のケースは比較的少ないと思いますから、

大半は第二法則で考えてください。

 

この範囲以上に引き離せば上位のものは安定し、

下位のものは追いつけないということになります。

 

 

 

しかし、

これは絶対ということではありません。

極稀にアサヒビールのようなケースがあるので

極めて困難と考えてください。

 

 

 

次回はこの「射程距離理論」の考え方と

前回お伝えした「7つのシンボル目標数値」から

市場シェアがどのような推移で類型化されているのか?

市場における「シェアの類型と推移」をお伝えします。

 

 

 

ランチェスター戦略の射程距離理論に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印