AIDMA(アイドマ)で考える顧客の購買ステップ/第36回成長戦略TV

AIDMAアイドマ購買ステップ

 

今回は、

AIDMA(アイドマ)で考える顧客の購買ステップ

についてお伝えします。 

 

 

 

顧客の購買ステップはAIDMA(アイドマ)言われています。

 

A(Attention):注意を引く

I(Interesting):興味を持つ

D(Desire):欲する

M(Memory):記憶する

A(Action):行動する

 

しかしながら、同じような商品・サービスが

同じような価格帯で売られている時代において、すぐに

 

I:興味を持つ

D:欲する

 

とはなりません。

 

 

そこで、

 

C(communication):伝える

 

という自社の商品・サービスを的確に興味を持ってもらえるように

「伝える」ことが最大の差別化になる!のです。

 

 

コミュニケーション・ツールとして中小企業に欠かせないのが、

ホームページやブログ、facebook(フェイスブック)、

Youtubr(YouTube)など各種のwebツールです。

本サイトでも上記の活用法をお伝えしていますので、

これを機会に是非、自社のコミュニケーション活動を見直してみてください。

 

 

 

AIDMA(アイドマ)、顧客の購買ステップに限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印