アドバンテージマトリクスで事業のタイプを把握する!/第57回成長戦略TV

アドバンテージマトリクス

 

今回は、

アドバンテージマトリクスで事業のタイプを把握する!

についてお伝えします。  

 

 

 

前回まで、

マイケル・ポーターが提唱した競争戦略、

ファイブフォース分析(5F)分析について

全5回にわたって解説してきました。

 

ファイブフォース分析(5F)とは

業界に影響を与える5つの力で

業界構造を分析するというものです。

 

<競争戦略ファイブフォース分析>全5回

●成長戦略TV・第52回

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース分析(5F)

①業界内の競争(競合他社)

http://keiei-algorithm.com/?p=2086

 

●成長戦略TV・第53回

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース分析(5F)

②売り手の交渉力・供給業者の交渉力

http://keiei-algorithm.com/?p=2041

 

●成長戦略TV・第54回

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース分析(5F)

③買い手の交渉力・ユーザーの交渉力

http://keiei-algorithm.com/?p=2049

 

●成長戦略TV・第55回

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース分析(5F)

④新規参入の脅威

http://keiei-algorithm.com/?p=2070

 

●成長戦略TV・第56回

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース分析(5F)

⑤代替品の脅威

http://keiei-algorithm.com/?p=2063

 

 

 

今回は業界を4つのタイプに分けるフレームワーク、

アドバンテージマトリクスについてお伝えします。

 

動画でも解説してますが、

縦軸に「競争上の戦略変数」の多い・少ない、

横軸に「優位性構築の可能性」の高い・低いを取ると、

左上が「分散型事業」、右上が「特化型事業」、

左下が「手詰まり型事業」、右下が「規模型事業」となります。

 

●分散型事業

競争上の戦略変数が多く、優位性構築の可能性が低い事業です。

大企業などが存在しない事業で、小売業・飲食業・サービス業など

の個人事業主のイメージです。

このような業界は多数乱戦業界と言われ、

現場スタッフが成功を左右し、

企業の競争優位性の確率は困難です。

 

●特化型事業

競争上の戦略変数が多く、優位性構築の可能性が高い事業です。

戦略変数が多いということは競争要因が多いということです。

差別化や集中化によって特定分野における

独自のポジションを構築し、競争優位を保てる事業です。

 

●手詰まり型事業

競争上の戦略変数が少なく、優位性構築の可能性も低い事業です。

中小企業は大企業に淘汰され、

残った大企業も優位性構築の可能性が低い業界です。

自社の業界がこのパターンであれば、

撤退か他の事業へのシフトを検討します。

M&Aなどで川上戦略や川下戦略に打って出ることで

付加価値を上げるというような具合です。

 

●規模型事業

競争上の戦略変数が少なく、優位性構築の可能性が高い事業です。

競争要因が規模の大きさ、市場シェアの高さでしかなく、

規模が大きくなるほど高収益な事業となります。

 

 

 

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース分析、

アドバンテージマトリクスに限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印

  • 経営者必読の書として絶賛された!『儲かる会社88の鉄則』92ページ分を進呈

  • 毎月50件の新規受注を獲得する!"ネット集客・Web集客の全体設計図" 120分以上の動画を進呈

  • 売上2倍は難しくない!売上アップの方程式と10の打ち手とは?