マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース(5F)分析④新規参入の脅威/第55回成長戦略TV

ポーターの競争戦略ファイブフォース分析新規参入の脅威

 

今回は、

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース(5F)分析

④新規参入の脅威

についてお伝えします。 

 

 

マイケル・ポーターが提唱した競争戦略

ファイブフォース分析(5F)分析について

全5回にわたって解説しています。

 

ファイブフォース分析(5F)とは

業界に影響を与える5つの力・競争要因で

業界構造を分析するというものです。

 

今回は第4回目として、

新規参入の脅威についてお伝えしています。

 

業界の収益性が高く魅力的な業界であればあるほど

多くの企業がその業界に参入しようとするので

新規参入の脅威は増していきます。

新規参入業者によって市場シェアが奪われたり、

価格競争になるからです。

 

新規参入の脅威がどの程度あるのかを

判断するのが参入障壁です。

参入障壁の例として、

 

・巨額の投資が必要になる。

・一定の規制や制限がある。

 

などが挙げられます。

 

新規参入を防ぐには参入業者に対して、

 

・行動でシグナルを送る。

・牽制して参入を躊躇させる。

 

などがあります。

 

 

 

マイケル・ポーターの競争戦略、ファイブフォース分析(5F)分析

④新規参入の脅威に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印