マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース(5F)分析⑤代替品の脅威/第56回成長戦略TV

ポーターの競争戦略ファイブフォース分析代替品の脅威

 

今回は、

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース(5F)分析

⑤代替品の脅威

についてお伝えします。 

 

 

マイケル・ポーターが提唱した競争戦略

ファイブフォース分析(5F)分析について

全5回にわたって解説しています。

 

ファイブフォース分析(5F)とは

業界に影響を与える5つの力・競争要因で

業界構造を分析するというものです。

 

今回は第5回目として、

代替品の脅威についてお伝えしています。

 

異なる業界から同じニーズを満たす

商品・サービスが登場した場合、

自社の業界は大きな影響を受け下記のような現象が起こります。

 

・販売価格の低下

・販売量の減少

・コストの上昇

 

これに対抗するには、

 

・品質を上げて価値向上

・市場ポジションの移行

・業界一丸となって対抗

 

などが考えられます。

 

代替品に関しては、対抗するか回避するかを

早い段階で決断しなければなりません。

 

 

 

ポケベルから携帯電話、

携帯電話(ガラケー)からスマホ(スマートフォン)、

スマホからウェアラブルPC?

という具合に、どんな市場・業界・商品にも

プロダクト・ライフサイクルが存在します。

※プロダクト・ライフサイクル

 どんな商品・サービスにも4つの時期があり、

 1)導入期→2)成長期→3)成熟期→4)衰退期

 という流れで市場に登場し、消滅していくという流れ。

 

プロダクト・ライフサイクルなど業界の変化も

踏まえた上で競争戦略を構築していかなければなりません。

 

 

 

マイケル・ポーターの競争戦略、ファイブフォース分析(5F)分析

⑤代替品の脅威に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印