ポジショニングとブランディングは別物、その違いとは?/第35回成長戦略TV

ポジショニングとブランディングの違い

 

今回は、

ポジショニングとブランディングは別物、その違いとは?

についてお伝えします。 

 

 

 

「ポジショニング」と「ブランディング」を

同じように捉えている人が多く見受けられますが、

この2つは別モノであり、全く意味が違います。

 

「ポジショニング」は、

自社がビジネスで勝てる場所、ポジションを決めることなので

勝てる領域を見出すことができればすぐにできるてしまうことです。

 

これに対して「ブランディング」は、

商品・サービスに対するお客様の期待や信頼などを

高い次元で維持・継続していく行為なので

相応の年月と労力を要することになります。

 

 

 

動画の中でブランドを維持・継続する5つの要素

をお伝えしていますが、セブン&アイ・ホールディングスの

鈴木敏文会長はセブンイレブンがセブンイレブンたる所以は

「基本4原則」を忠実に実行しているからだとおっしゃってます。

 

その4原則とは、

 

1)品揃え

2)鮮度管理

3)クリンリネス

4)フレンドリーサービス

 

・・・です。

※セブンイレブンの基本四原則はこちら↓
http://www.sej.co.jp/company/aboutsej/principles.html

 

自社のポジショニング・ブランディングの参考にしてください。

 

 

ポジショニングとブランディングの違いに限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印