マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース(5F)分析③買い手の交渉力・ユーザーの交渉力/第54回成長戦略TV

ポーターの競争戦略ファイブフォース分析買い手の交渉力ユーザーの交渉力

 

今回は、

マイケル・ポーターの競争戦略ファイブフォース(5F)分析

③買い手の交渉力・ユーザーの交渉力

についてお伝えします。 

 

 

マイケル・ポーターが提唱した競争戦略

ファイブフォース分析(5F)分析について

全5回にわたって解説しています。

 

ファイブフォース分析(5F)とは

業界に影響を与える5つの力・競争要因で

業界構造を分析するというものです。

 

今回は第3回目として、

買い手の交渉力・ユーザーの交渉力を強める

3つのポイントについてお伝えしています。

 

①代替え品が多く存在している。

②特定の買い手への売上依存度が高い。

③買い手のスイッチングコストが低い。

※スイッチングコスト
 取引先企業を変更することによる労力・時間・コストのこと。

 

 

  

マイケル・ポーターの競争戦略、ファイブフォース分析(5F)分析

③買い手の交渉力・ユーザーの交渉力に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印