競合他社に勝つ正しい法人営業戦略の立て方・考え方①/第25回成長戦略TV

法人営業戦略の立て方と考え方(1)

 

今回は、

競合他社に勝つ正しい法人営業の立て方・考え方①

についてお伝えします。

 

 

 

今回と次回の2回に分けて、

法人営業に特化した営業戦略の立て方・考え方

についてお伝えします。

営業の現場で数字を上げるためには戦術も必要ですが、

それ以上に戦略が欠かせません。

 

 

 

営業戦術が営業現場での対面交渉力など

営業マン・営業パーソンの力量で決まるものと捉えると、

営業戦略は現場ではどうにもできない、

目的達成のための最適資源配分とシナリオづくりになります。

 

営業現場ではどうにもならないからこそ、

営業スタッフを指揮する中小企業の経営者・社長、

大手企業であれば営業部長・営業マネジャーなどが

しっかりとした営業戦略を立てた上で

実行していかなければ、競合他社に勝つどころか

売上を上げていくことができなくなります。

 

 

 

動画内の例題は講演会やセミナーなどで

幾度となく同じ質問をさせて頂いた経験上、

8割以上の経営者・営業マネジャーの方が

間違った回答をされます。

 

しかしながら、

たった2つの判断基準を知っていれば

その他大勢の8割の中に入らなくて済むのです。

Vol.26の動画で2つの判断基準を確認してください。

※Vol.26の動画はこちらをクリック!

 

 

 

本格的に学びたいという方は拙著、

『売上が2倍に上がる法人営業戦略の教科書』をご覧ください。

社内研修も可能な擬似マーケット資料、戦略立案演習、

模範解答と解説も記載しています。

※ビジネス書週間ランキング

三省堂・東京駅一番街店にて第1位

文教堂・浜松町点にて第2位

こちらをクリック!

 

 

 

競合他社に勝つ正しい法人営業戦略、

その立て方・考え方の動画に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印