ランチェスター戦略3つの結論①足下の敵攻撃の原則(競争目標と攻撃目標の違い)/第22回成長戦略TV

ランチェスター戦略3つの結論1_足下の敵攻撃の原則_競争目標と攻撃目標の違い

 

数回に分けて、

NPO法人ランチェスター協会・認定インストラクターでもある

弊社代表の中丸秀昭がランチェスター戦略についてお伝えします。

 

今回は、

ランチェスター戦略3つの結論のひとつ

足下の敵攻撃の原則

についてお伝えします。

 

自社と競合他社のシェアと順位が

下記のようになっていたと仮定します。

 

 

 

1位 A社 市場シェア35%

2位 自社 市場シェア30%

3位 B社 市場シェア25%

 

 

 

自社がシェア30%で2位の場合、

1位の企業(上位の競合)を狙いますか?

それとも3位の企業(下位の競合)を狙いますか?

ちょっと考えてみてください。

正解は…

ランチェスター戦略のセオリーでは

ワンランク下位の競合他社からシェアを奪います。

これを・・・

 

 

 

“足下の敵”攻撃の原則
※そっかのてき

 

 

 

・・・と言い、

ランチェスター戦略3つの結論のひとつ

としています。

 

 

 

シェアの目標数値における上限目標値73.9%

下限目標26.1%を足すと100になり、

その比率を取るとほぼ3:1となります。
(厳密には2.83…)

 

1位の会社が73.9%

2位の会社が26.1%の時(ほぼ3倍)、

戦争の理論「クープマンモデル」から導き出された数値上、

 

その差は埋まらない、勝負あった!

 

と結論付けることのできる数値となります。

 

 

 

気を付けなければならないのは、

ランチェスター法則の第一法則と第二法則で

基準とする数値が異なる点です。

 

 

 

もっと詳しく知りたいという方は

当ブログの「戦略について」→「ランチェスター戦略」

のカテゴリーをご覧ください。

現在もコンテンツを拡充している最中ですが、

かなり詳しく書いてます。 

 

 

 

ランチェスター戦略の動画、足下の敵攻撃の原則に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印