経営者として必要な資質・才能とは?

経営者としての資質

私が経営コンサルタントになったきっかけのひとつに

故・船井幸雄氏の存在があります。

言わずと知れた船井総合研究所の創業者であり、

“経営の神様”と言われた経営コンサルタントです。

 

船井幸雄氏に魅かれ、

船井総研のグループ会社に在籍したこともありました。

 

そして今年、

大変残念なことに逝去されてしまいましたが、

船井総研のグループ会社から

初めて講演会のご依頼を頂いたのも今年でした。

何とも言えないご縁を感じます。

 

 

 

船井幸雄先生は

経営者として必要な資質は3つあるとおっしゃっています。

 

1)プラス思考

 

2)勉強好き

 

3)素直さ

 

いずれも重要な要素だと思いますが、

私は最後の素直さが最も意識をしなければならないこと

であると思っています。

 

 

 

なぜなら、

会社などで役職が上になったり、

名前が知られてくると謙虚さがなくなってきます。

謙虚さがなくなると素直さがなくなり、

人の意見を聞くことができなくなってしまうからです。

 

 

 

松下幸之助氏はあれだけの大会社になった後でも

新入社員と話をする機会を持ち、

その新入社員の話を聞くにも必ずメモを取っていたそうです。

しかも「良い話を聞かせてもらった」と言いながら。。。

 

だからこそ

今でも語り継がれるほどの名経営者なのだと思います。

松下幸之助氏でさえ新入社員の話を聞く時にメモを取ったという事実、

凡人の我々が人の話を聞けなくなったら終わりです。。。

 

 

 

しかしながら、

コンサルタントとして経営の現場を見ていると、

経営が傾いてしまう中小企業の経営者に限って

人の話を聞かない人が多いように見受けられます。

 

人の言うことを聞かない、

有益な情報を遮断してしまうからこそ、

そうなってしまうことに気付かないんです。

 

 

 

ちなみに素直さを具体的な行動に落とすと・・・

 

人の話を聞く!

良いと思ったらやる!

やり続ける!(継続力)

 

・・・です。

 

 

 

私の好きな言葉に

 

凡事徹底

 

という言葉がありますが、

凡事を非凡に続けることで

一所懸命に一生を全うしたいと思います。

 

 

 

経営者の資質・才能に限らず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

 

矢印