DM、セールスコピー、セールスレターのクロージングの書き方に不可欠なオファー(提案)/集客の仕組み化Vol.18

クロージングのオファー提案

前回の後半で、

DM、セールスコピー、セールスレターにおける

クロージングコピーの書き方で確実に買って頂くための

魅力的な4つのオファー(提案)が何かお尋ねしましたが、

あなたははその4つ、何だと思われましたか?

 

前回に引き続き恐縮ですが、

もしまだ考えていらっしゃらなかったら、

いつものように30秒だけでも考えてみてください。

 

ではその4つ、順番にお伝えします。











クロージングコピー

・・・の書き方で不可欠な4つの提案は、

 

 

 

1)希少性

今回限りの~、限定◯◯個の~など

 

2)特典

もれなく~が付いてくる、ポイント◯倍など

 

3)保証

100%返金保証、品質・サービス保証など

 

4)利便性

24時間対応、たった2日でOKなど

 

 

 

いかがでしょうか?

自社に当てはめてアイディアが出てきましたか?

 

あなたは上記4つのオファー(提案)を駆使して、

 

 

 

見込客の先延ばしの決断を全力で阻止!

 

 

 

・・・しなければなりません。

 

 

 

ここまで、

 

1)キャッチコピー

2)ボディコピー

3)クロージングコピー

 

と見てきましたが、悲しい事実をお伝えすると

どんなに時間と労力をかけて上記のようなコピーをつくっても、

あなたがつくった広告、チラシ、DMなどは、

 

 

 

50%の人が見ていない!

 

 

 

・・・という現実です。

 

DM、セールスコピー、セールスレターのキャッチコピーを見た後に

50%の人がボディコピー、クロージングコピーを

飛ばし読みしてしまうんです。。。

 

 

 

このように申し上げると、

 

DM、セールスコピー、セールスレターの書き方や

コピーライティングを学んでも仕方がないじゃないか!

 

と思われてしまうかもしれませんが、

飛ばし読みする50%の人を最後の砦で読ませるのが

追伸コピーの役割です。

 

最後の砦_追伸コピー

 

それでは、

追伸コピーでどのような要素があれば

見込客を食い止めることができると思いますか?

それには3つの要素が不可欠です。

 

次回にお伝えしますので

あなたの会社に当てはめて考えてみてください。

 

 

 

次回は、

 

 

 

見込客を最後に振り向かせる3原則

 

 

 

についてお伝えします。

 

 

 

DM、セールスレター・セールスコピーにおける

クロージングの書き方や作り方のみならず、

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

矢印