質問型のキャッチコピーは見込み客の目に留まる!キャッチコピーの作り方と考え方③/集客の仕組み化Vol.16

質問型キャッチコピー

前回は、

 

売れるキャッチコピーは7つの雛型(ひな型)で作る!

キャッチコピーの作り方と考え方

 

・・・の内の4つをお伝えしました。

今回は残りの3つをお伝えします。

 

 

 

5)提案型

~で~する方法があるのですが。。。

 

他の雛形(ひな型)との組み合わせも可能。

例)限定型

たった~で~する方法があるのですが。。。

 

 

 

6)予言型

もし~すれば~のようになります!

もし~しなければ~になってしまいます!

 

ポイントは、

私が言う通りにやればできるようになる!

という予言です。

 

 

 

7)質問型

~で~できるようになるって本当?

なぜ~は~なのか?

 

ポイントは、

見込客が疑問点を尋ねる質問

のように表現することです。

 

 

 

上記の7つの雛形(ひな型)キャッチコピーが書けたら、

ここで70~80%完成です!

 

なぜ、100%でないかと言うと、

残りはコピー全体を作成してから

サブコピーなどでキャッチコピー全体の

完成度を高めていくからです。

 

 

 

明日は2つ目のブロックボディコピーですが、

ボディコピーは・・・

 

 

 

ボディコピー

≒セールスコピー

≒セールスレター

 

 

 

・・・でもあります。

そしてセールスには4つの要素が欠かせません

 

 

セールスコピー、セールスレター

 

その4つ、あなたは何だと思いますか?

 

 

 

明日は、

 

 

 

セールスレター・セールスコピーに不可欠な4項目!

 

 

 

についてお伝えします。

 

 

 

キャッチコピーの作り方や考え方のみならず

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

矢印