売れるキャッチコピーは7つの雛形(ひな型)で作る!キャッチコピーの作り方と考え方②/集客の仕組み化Vol.15

キャッチコピーの作り方7つのひな型

前回は、

たった1人の理想の顧客をイメージし、

顧客が感じるベネフィット(理想の現実)

30個以上考えてください!

とお伝えしました。

 

このベネフィットを元に

顧客の欲求を刺激するキャッチコピー

を考えていきますが、その時のひな型が、

 

 

 

売れるキャッチコピーは7つの雛形(ひな型)で作る!

キャッチコピーの作り方と考え方

 

 

 

・・・です。

では順に解説していきます。

 

 

 

1)証言型

~するだけで~できるようになりました!

 

注意点は、

お客様が言っている証言のように表現

することがポイントです。

 

 

 

2)禁止型

もう~するのはやめてください!

(もう~する必要はありません!)

 

注意点は、

お客様が不快感を感じない程度に留める

ことがポイントです。

 

 

 

3)限定型

たった~するだけで~できるようになりたい、あなた!

たった~するだけで~できるようになる方法!

 

他の雛形(ひな型)と組み合わせることも可能です。

例)たった~で~できました(+証言型)

 

 

 

4)断定型

~すれば~できます!

~すれば~してみせます!

 

断定形では比喩を加えても効果的です。

例)~なのは~のようなものだ!

 

 

 

ここまで、いかがでしょうか?

一気に7つの雛形(ひな型)をお伝えすると

頭の整理がつかなくなってしまうので、

残りの3つは次回にお伝えしますが、

この3つの内、◯◯型のキャッチコピーは特にオススメです。

 

なぜなら、

人間の脳は◯◯型に反応するように出来ている

・・・からです。

 

 

人間の脳の働き 

 

次回は、

 

 

 

◯◯型のキャッチコピーは必ず売れる!

 

 

 

についてお伝えします。

 

 

 

キャッチコピーの作り方や考え方のみならず

集客の仕組み・営業の仕組み・人材育成の仕組み、

最短ルートの成長戦略をもっと知りたい方は

下記のメルマガにご登録ください。

動画・図解付でスマホでも快適に見れるメルマガが届きます。

矢印